プロフィール

Hannah

Author:Hannah
ロンドン生活10周年目にして、スウェーデンに移住。言葉も何も分からないけどとりあえず子育て奮闘記の始まり!セラピーのお仕事も引き続き続ける予定です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の育児

最近、ともかを寝付かせる時は添い寝。

眠いながらもモゾモゾ動きまくって、とうとう眠りにつくのを見てる時、本当に幸せを感じるんです。眠りにつく直前にキスをしまくるのも、可愛すぎてしびれちゃいそう
本当に、この子を授かってよかった!神様ありがとう!

ずっと授乳で寝付かせていたんだけど、幼稚園に行き始めたのとほぼ同時にやめたんです(やっと・・・)。
そこで登場したのがダンナさん。
ご存知の方も多いでしょうが、北欧では男性が育児に参加するのは当たり前。ちゃんと産休もとって皆さん楽しそうに子供と過ごしてます。うちのダンナさんも例外ではなく、オムツ替えからご飯の世話にお風呂、なんでもやるやる。それでも私が授乳していた時は入り込めない部分があったのだけど、やめてからはもう張り切って寝かしつけ担当者に。
ともかとの距離が一気に密になったと喜んでおります。
そしてついでだけど、卒乳したので私も晴れて乳製品解禁となったのです!やっと気兼ねせずにチーズとかアイスとか食べられるぅぅー。

ロンドンに居た時も、けっこう私抜きでともかを連れ出してたダンナさん。
私的にはイギリス人男性もがんばってるよなぁーと思っていたんだけど、出かけるたびに「パパ1人で面倒見てるの?今日はママはどうしたの??」なんて色んな人に話しかけられてたとか。それがスウェーデンにきてからは、誰もそんな事言ってくれなくて詰まらないらしい、ハハハっ

イギリスでは10ヶ月しかもらわなかった産休(休めるのは12ヶ月だけどお金が支給されるのは10ヶ月のみ)だけど、ここでは通常14ヶ月!その差し引きの4ヶ月分がここで取れると分かり、来年産まれるお腹の子の分と会わせるとかなり長いお休みがもらえる事に・・・・。

私はスウェーデンに来てから働いてないので、私が産休をとるよりもダンナさんがとった方が割がいい。と、言う事でダンナさん、もう張り切って休むつもりですよ~~っっ。「これで一気に僕とともかは親密になるんだ!」と大喜び。働きたくないだけ?とは言わずに、私も「いいね、いいね」と賛同しておりまするー。

だから来年はもしかして、スウェーデンでは無いどこかにちょっと住みに行く事もあるかも?!いいチャンスですからね!


励みになります。クリックよろしく★

テーマ: 海外の子育て
ジャンル: 海外情報

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。